2019年7月27日、京都市にて、女子留学生日本語弁論大会・京都大会が行われました。

 

kyoto2019b

スピーチをする留学生

kyoto2019c

会場全体

 

7名の留学生が出場し、「黒人として日本で生活する」と題してスピーチを行った、アメリカからの留学生イマニさんが最優秀賞を受賞しました。イマニさんはアメリカでも日本でも少数派の黒人として寂しい気持ちを抱いてきたこと、しかし、その経験を発信することで、日本のグローバル化の一助となっていきたいと熱く語り、聴衆の感動を呼びました。

 

kyoto2019d

最優秀賞を受賞したイマニさん。表彰式の様子

 

会場には細川流盆石が展示され、留学生も盆上に白砂で川の流れを描く盆石体験を行いました。

kyoto2019e

細川流盆石

kyoto2019f

盆石体験を行う留学生

 

また、エンターテインメントでは日本舞踊師範による演舞が行われ、留学生にとって、日本文化を体験する良き機会となりました。

おすすめの記事