アフガニスタン

Islamic Republic of Afghanistan

アジアとヨーロッパの接点にあり、古くから「文明の十字路」として栄え、シルクロードの拠点として発展してきたアフガニスタン。しかし2001年のアフガニスタン戦争以後、タリバンとの紛争で治安が現在まで悪化しており、国内外に避難することを余儀なくされている人々がいます。
女性に対する差別が現在も根強く残っており、女性の約80%は働いていません。女性が外に出ることさえ許さない地域もあるほど、多くの女性は平等とは程遠い日々を送っています。

アフガニスタンでの活動

職業訓練校「ニューホープ技術専門学校」の運営

洋裁で起業している 20 ~ 40 代の女性達の技術向上のために、2012 年より日本から講師を派遣し、技術指導支援を行ってきました。現在は政情が不安定なため、拠点をインド・ニューデリーに移し、専門学校「デザインアカデミー」で洋裁・デザインを学んでいる主にアフガニスタン難民女性に対し、学費支援を行っています。

この学校には縫製コースとデザインコースがあり、縫製コースでは基本的な服の縫製を、デザインコース ではデザインした服の縫製を指導しています。

今後、新たにインド・ニューデリーにあるペルシャ語スクール、「サイド・ジャマルディン・アフガン・スクール」に通うアフガニスタン難民の子供達対象に、人格教育、文化交流などを行う予定です。

photo720480
生徒の学習報告
生徒の作品
生徒の作品

会員になってこの活動を支援する

これらの活動は、連合会による支援金によって支えられています。会員になっていただき、この活動をぜひ支えてください。

アフガニスタン基礎情報

国名/首都

アフガニスタン/カブール

基本情報

人口   3,800万人
国土面積 652,225 km²(日本の約1.7倍)
言語   ダリー語、パシュトゥー語の他、ハザラ語、タジク語等
宗教   イスラム教(主にスンニー派のハナフイ学派であるが、ハザラ人はシーア派)

※出典:外務省ウェブサイト

統計情報 

平均寿命
64歳*¹
HIVに感染した子どもの数(10-19歳)
200人*²
乳児死亡率(1歳未満)
48人/1,000人*²
幼児死亡率(5歳未満)
62人/1,000人*²
一人当たりの名目GDP
499USドル*¹
消費者物価上昇率
2.3%*¹
初等教育修了率
男子: 67% 女子: 40%*²
若者(15-24歳)の識字率
男子: 62% 女子: 32%*²
※出典:*¹世界銀行/*²ユニセフ子供白書2019より