エイズ予防教育

Education for prevention of AIDS

 全世界のHIV感染者数は約3,800万人です。2019年には170万人がHIVに新規感染し、エイズ関連の原因で69万人が亡くなりました。現在エイズ孤児は全世界に1,220万人いるとされています。(参照:http://aidsinfo.unaids.org/

エイズの脅威は世界中に蔓延しています。エイズの予防は正しい知識とモラルをもつことから始まります。WFWP(世界平和女性連合)では、エイズの蔓延を食い止めるため、草の根で予防教育と人格教育を推進しています。 

WFWP JAPANが開発したエイズ予防教育教材「エイズ時代に生きる」

先進国で唯一HIV感染率が上昇している日本では、性行為による感染が原因の90%を占め、2000年代前半から青年たちの間で爆発的に広がっていました。この状況を憂慮し、エイズ予防教育活動を強化するため、2006年に「エイズ時代に生きる」というパワーポイント教材を開発しました。

この教材は2部構成になっており、第1部ではエイズの基礎知識を紹介し、第2部ではHIV・エイズ予防のための性の自己抑制教育を紹介しています。性の自己抑制のメッセージは、母親の目線に立って若者の良心に訴える内容です。若者のプレゼンの反応もよく、良識のある教師や父母からも賛同を得ています。

エイズ予防教育活動を行っている海外派遣員は、派遣国の言語に翻訳して教材を持っていき、保健関係者や有識者と検討して日本の教育内容をベースに派遣国の情報を入れて、現地にあった内容のパワーポイント教材を作成します。自ら講義を行うだけでなく、現地の講師も養成しています。

活動実績・報告

プロジェクト期間:1995年—現在

UNAIDS の 2018 年のデータによると、ケニアでは140 万人の 15 歳以上の大人が HIV に感染しており、男性よりも女性がHIVに多く感染しています。ケニアはアフリカの中で HIV 感染率の高い国の一つであることから、WFWPでは1995年よりエイズ予防教育を実施してきました。ハンドウ中学・高校の生徒や教職員、PTAに医学的知識、予防法、生活の仕方を指導するとともに、人格教育を行っています。

プロジェクト期間:2001年—現在

モーリタニアの青少年に HIV 感染者が増えたことか ら 2001 年より実施しています。WFWP独自の教材「エイズ時代に生きる」を使用し、教育しています。一度エイズ予防教育を受けた人がその内容に感動し、次の人を紹介してくれるというように、人伝いに教育が広がっています。

プロジェクト期間:2013年—現在

ベリーズでは、13 歳の 80%がすでに性交渉を行っ ているという統計があることから、2013年より、首都ベリーズ・シティの小学生・中学生を対象にエイズ予防教育を行っています。小学生には「私の体は大切(My body is precious)」という絵本を使って「良いタッチ」と「悪いタッチ」を具体的な例をあげながら、将来の夢をかなえるためには自分の身体 を大切に守らなくてはいけないということを教えています。中学生にはアルコールやドラッグが脳に与える影響やSNSなどの危険性、さらに10代の妊娠がもたらす問題など、 映像を使って講義しています。

【その他の活動国】

・モーリタニア

・ガーナ

・ケニア

・ジャマイカ

・ベリーズ

・ドミニカ共和国

・トリニダードトバゴ

・アルゼンチン

・ベラルーシ