エスワティニ

Kingdom of Eswatini

ルエスワティニ(旧スワジランド)は、イギリス連邦に加盟する立憲君主国ですが、アフリカで最後の絶対王政と言われているほど、国王が強い権限を持っています。国土は起伏が激しく降水量が多いため、植生が豊かで風景は変化に富んでいます。しかし国民の半数以上は貧しい生活を強いられています。

エスワティニでの活動

里親制度・奨学金制度

1997年より現在まで、孤児や貧困家庭の小学生から高校生に対し、里親制度を実施しています。

カーウェ・ガメーゼ 君

小学校3年~高校卒業まで里子として支援を受けました。無事に高校を卒業し、大学生になった彼は、アートディレクターかグラフィックデザインの大学講師になることを目標に、勉強に励んでいます。

 

「高校を卒業するまでにいろいろ大変なこともありましたが、里親から学費をずっと支援してもらえたので、頑張って勉強を続けることができました」と感謝の思いを語ってくれました。

小学生の頃のカーウェ君
大学生になったカーウェ君(左から2番目)

会員になってこの活動を支援する

これらの活動は、連合会による支援金によって支えられています。会員になっていただき、この活動をぜひ支えてください。

エスワティニ基礎情報

国名/首都

エスワティニ王国/ムババーネ

基本情報

人口   113万人(2018年:世銀)
国土面積 1.7万平方キロメートル(日本の四国よりやや小さい)
言語   英語,スワティ語
宗教   伝統宗教,キリスト教

※出典:外務省ウェブサイト

統計情報 

平均寿命
59歳*¹
HIVに感染した子どもの数(10-19歳)
12,000人*²
乳児死亡率(1歳未満)
54人/1,000人*²
幼児死亡率(5歳未満)
43人/1,000人*²
一人当たりの名目GDP
3,894USドル*¹
消費者物価上昇率
2.6%*¹
初等教育修了率
男子: 52% 女子: 68%*²
若者(15-24歳)の識字率
男子: 92% 女子: 95%*²
※出典:*¹世界銀行/*²ユニセフ子供白書2019より