モザンビーク

Republic of Mozambique

モザンビークはアフリカ南部に位置する国で、インド洋沿いに面した長く美しい海岸線は、多くの人を魅了します。ポルトガルからの独立後も16年にわたる内戦による影響で、一時は経済が疲弊しましたが、近年は高い経済成長を遂げています。石炭・天然ガスなどの資源開発で経済発展が今後も期待されますが、依然として世界最貧国の一つとしてされ、都市部と農村部との貧富の格差が大きいという課題があります。

モザンビークでの活動

モザンビーク太陽中学校・高校建設・運営

国の発展に貢献する人材の育成のため、1995年に中学校、2001年に高校をモザンビーク第二の都市ベイラ市に開校し、運営しています。開校以来、延べ1万人以上が学び、モザンビークの発展の担い手となる人材育成の場となっています。 

長年の安定した運営と高い教育実績が評価され、モザンビーク教育省より私立学校の最高ランクに認定され、公立学校と同等の権限を与えられるようになりました。

高校開校以来、大学を目指す生徒が増加し、毎年多くの大学合格者を輩出しています。また、国費留学生に選ばれ、マレー シアなどの海外の大学で学ぶ卒業生も多数輩出しています。

これまで輩出した卒業生の数

11,366 人

国立大学総合格者総数

77人

(2018年時点)

これまで輩出した卒業生の数: 11,366 人

国立大学総合格者総数:77人

(2018年時点)

会員になってこの活動を支援する

これらの活動は、連合会による支援金によって支えられています。会員になっていただき、この活動をぜひ支えてください。

モザンビーク基礎情報

国名/首都

モザンビーク共和国/マプト

基本情報

人口    約 3,036万人
国土面積 79.9万km²
言語    ポルトガル語
宗教    キリスト教(約40%)、イスラム教(約20%)、伝統宗教

※出典:外務省ウェブサイト

統計情報 

平均寿命
60歳*¹
HIVに感染した子どもの数(10-19歳)
86,000人*²
乳児死亡率(1歳未満)
54人/1,000人*²
幼児死亡率(5歳未満)
73人/1,000人*²
一人当たりの名目GDP
503.6USドル*¹
消費者物価上昇率
2.8%*¹
初等教育修了率
男子: 43% 女子: 37%*²
若者(15-24歳)の識字率
男子: 79% 女子: 63%*²
※出典:*¹世界銀行/*²ユニセフ子供白書2019より