1. ホーム
  2. >
  3. イベント
  4. >
  5. 第66回 国連女性の地位委員会(CSW66)が開催されます
第66回 国連女性の地位委員会(CSW66)が開催されます

第66回 国連女性の地位委員会(CSW66)開催概要

期間:2022年3月14日~25日

優先テーマ:気候変動および環境・災害リスク削減に関する政策・プログラムにおけるジェンダー平等とすべての女性・少女のエンパワーメント達成

レビューテーマ:変化する仕事の世界における女性経済的エンパワーメント(CSW61の合意結論)

運営方式:ハイブリッド方式(ニューヨーク国連会議場での政府間会合はオフラインとライブ中継、サイドイベントとパラレルイベントはすべてオンライン)

新事務局長の初のCSW

WFWP日本主催のパラレルイベントについて

【日時】
2022年3月16日(水)16:00~17:30

【テーマ】
気候変動と女性:女性は何ができるのか

【開催方法】
Zoomウェビナー

【使用言語】
英語 ※日本語同時通訳があります

【申込方法】
https://bit.ly/3IBw0ED(このリンクから登録してください)
スマートフォンで視聴される場合は、下のバナーの中のQRコードからも登録できます。
登録したメールアドレスに参加登録ボタンや参加リンクURLが送られてきます。
当日はそのボタンやリンクをクリックするだけで参加できます。

ウェビナーなので、マイクやカメラを接続する必要はありません。

スピーカー紹介

①外務省「世界津波の日」特別大使、国際防災津波学会代表、英国ケンブリッジ大学客員教授

山中燁子教授 
Prof. Akiko Yamanaka

テーマ「人間からインフラまでの社会的レジリエンス:日本から学んだ教訓」

社会的レジリエンスとは、「ある集団やコミュニティが、社会・政治・環境の変化によって生じる外的なストレスや撹乱に対処することのできる能力」と定義されています。自然大災害の多い日本が確立した防災対策は世界に共有するべきものです。防災を地域やコミュニティで強化する「社会的レジリエンス」」について、山中先生がわかりやすく解説して下さいます。

<山中先生プロフィール>

現在、国際津波防災学会代表、英国ケンブリッジ大学中央アジア研究所上級客員教授、ASEAN東アジア経済研究所(ERIA)会長特別顧問、札幌市長特別顧問、日本国際問題研究所(JIIA)上級客員研究員。衆議院議員時代は、外務副大臣、日本政府平和構築対外発信特別大使、世界津波の日特別大使を歴任。学界と政界の両方の分野で活躍。自民党では国防部会委員長代理と女性局長を務めた。外務副大臣として「平和構築のためのアジアにおける人材育成プログラム」、「国際女性会議(WAW!)」、「日英グローバルセミナー」の立ち上げに尽力された。専門分野は、国際平和構築・国際交渉・戦略研究のような非伝統的な安全保障を含む安全保障、自然および人為的防災、予防外交であり、執筆や、広範囲にわたって講義を行っている。

『Think, or Sink 沈まぬ先の知恵』などの多くの著書あり。

「オイスカ賞」(アジアへの貢献)、国際ソロプチミスト日本の「千嘉代子賞」(国際理解への貢献)受賞。

②WFWPハイチ会長

ポール富士子
Mrs. Fujiko Paul

テーマ「大災害の中でハイチ女性がしたこととジェンダー問題との闘い」

2度の大地震の中でハイチの女性たちはどのように対処したのか、その中で起こったジェンダー問題との闘いについてお話します。昨年WFWP日本が届けた支援金がどのように役にたったのかについても報告します。

③WFWP日本東京第22連合会議長

細矢由里
Mrs. Yuri Hosoya

テーマ「被災地における【愛の福袋運動】」

2011年より被災地においてWFWP日本が取り組んでいる「愛の福袋運動」について報告します。支援物資を福袋のように袋に詰めて「愛の福袋」と名付けて、仮設住宅を一軒一軒訪問しながら被災者の皆様にお渡ししてきました。いまだに続く被災者の皆様との交流など、災害における絆の大切さについてお話します。

【モデレーター(司会)】

WFWP日本会長 
堀守子
Mrs. Moriko Hori

第66回 国連女性の地位委員会(CSW66)

各国のWFWPが主催するパラレルイベント

関連コンテンツ